おしゃれシンプルな会津木綿

私たちは10年以上、革を使った靴作りを主な仕事とした会社です。

そこに取引先からの紹介で「会津木綿でスニーカーを作りたい人がいる」という相談を受けたところから全てが始まりました。

 

スニーカーを作っていくうちに、会津木綿の素材に触れて改めて会津木綿の風合いや質感の良さを再認識し、自分も「何か会津木綿の商品が欲しいな」と思うようになり、いろいろなお店を探し回ったのですが、ここである事に気付きます。

それは年配の方向けの商品、もしくはコンセプトが定まっていない商品が多く、30代の自分が持てるデザインが非常に少なかった事です。

 

そこで私たちは「無いなら自分たちで作ろう」と決断し、企画から販売まで全てゼロからスタートします。

頼れるのは靴作りの経験を生かした縫製の技術だけ、あとはほとんどが手探りでした。まず最初に考えたのはadoubleのコンセプトです。もっと身近に使いやすく、会津木綿の素材や質感を生かした「おしゃれシンプル」をテーマに商品作りを始めたのが、会津木綿をメインとしたオリジナルブランド

「会津木綿コレクション adouble」です。

木綿に込める想い

adoubleでは商品のサンプル作りに多くの時間を費やします。場合によってはミリ単位の変更を繰り返して、納得のいくまで何回もやり直します。そうやって出来上がったサンプルを元に、熟練の職人の手仕事で商品を作り上げていきます。

 

人の手に触れるものだからこそ、会津木綿の特徴を最大限に生かし、いつまでもあなたにとって欠かせない存在であって欲しいと願い、一つ一つを人の手で想いを込めてつくっています。

会津木綿という素材

400年以上の歴史がある福島県会津に伝わる伝統工芸品「会津木綿」は古くから野良着などとして使われていました。紺地に白い縞を織り出すものが元々一般的でしたが現在は赤や緑など様々な色の縞柄が織られています。しかし、会津木綿がこれほど長く親しまれてきた理由はデザインだけでなく、素材そのものにあります。厚みがありふっくりとした質感で一般的な木綿平織物に比べて縮みにくい性質がありバッグや小物だけでなくスニーカーなどにも使用される、とても丈夫な織物になっています。